フロントガラスが割れた②

前回はフロントガラスが割れた話。

今回はガラスをちょっと直す話っす。

使ったんはこんなやつ。

 

確か、インスタグラムを見てたときに出てた広告の一つ、騙されたと思って使ってみた。

ガラスは変えないと安全ではない。

でもどうせ新しい車を買うときに下取りに出すので、タウポから今回車を買うオークランドに行くまで持てばいいのです、はい。

いろいろ計算して、ガラスを新品と変えてオークランドに行くのと、廃車屋さんでこの状態で持っていってもらうのとでの差額をシミュレートしたら安く直して下取りが一番良さそう。

もしこっちで廃車屋さんに売ると、飛行機でオークランドに行くことになる、そして飛行場から車屋さんまで時間通りに来ない公共交通機関を使うことになるので、全く時間の計画が組めない。

なので、今日はガラスを即興で直しました、あ、でも直ってないかな?

 

 

 

YouTubeでいろいろ調べてみて、とりあえず安全で簡単そうなものを選び、予習。

で、お直し開始。

最初は原因になっているところのお掃除、説明書にはしっかりと書いてあったけど、今回はとりあえずなので神経質な仕事はなし。

掃除中にガラスにプレッシャーをかけるとヒビが広がるそうなので、そーっと、でもその辺はガラスの気持ちになって「いいサジ加減」でサッサと。

それができたら表面の水分をきれいに乾かして、「ガラスお直しキット」に同封されているノリをヒビ割れに流す作業。

 

ヒビ割れの原因がガラスのかなり下なので、吸盤の4つのうち2つがガラスにひっつかない、なのでそこはここニュウジーランドのDIY精神でこのようにしました。

で、次は。

亀裂にノリを流す作業、これもサッサとやっていきます。

 

内側から軽くガラスを押すとガラスの亀裂が広がってノリがそこの亀裂に入り込むらしいのでその作業、でもここもガラスの気持ちになって「いいサジ加減」で。

そのあとは、これまた「ガラスお直しキット」同封のフィルムをノリに貼り付ける作業です。

それが終わったら、車を太陽光が当たるところに動かしてノリがしっかり乾くことを助けます。

 

ガラスのお直しを始めたのが夕方だったので、太陽光がちょっと弱めだったけどギリギリ間に合ったー。

こんなこと自分でできるとは思わなかったけど、なんとかできちゃうもんだね。

あー楽しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です