キャロットケーキの思い出②

今回はキャロットケーキのレシピです。

前回アップしようと思ったけど、キャロットケーキの思い出話になってしまった。

このキャロットケーキは長女のお気に入り、あんまり彼女はベイキング好きじゃないんだけどこのキャロットケーキだけはおお喜びでつくります。

3個 玉子  1カップ 砂糖

2カップ 薄力粉  3tsp 重曹  1/2tsp シナモンパウダー

3カップ 削ったニンジン  1/2カップ ウォルナッツ

1/2カップ オイル  1tsp 削ったオレンジの皮

3/4カップ ダイスしたパイナップルの缶詰

  1. 玉子と砂糖をよく混ぜて泡立てる。
  2. 粉類をふるう。
  3. 削ったニンジン、ウォルナッツ、オレンジの皮、油そしてパイナップルの缶詰を混ぜる。
  4. 3、を泡だてた玉子とさっくり混ぜて、振るった粉類もさっくり混ぜる
  5. 用意したケーキの方に入れて180度のオーブンで30ー40分ぐらい焼く。
    もしこの時マフィンの型で焼く場合は20分ぐらいで焼き上がると思います。色々試してください。

 

今回娘はこのシリコマートのマフィン型で焼きました。

このシリコマートの型って本当に便利!

私も色々このシリコマート型持っていますが、これは結構使い勝手がいいと思います。

ちなみに型番号は、SF024。

 

今冷ましているところ。

夕方のおやつに間に合いました!

 

こっちの人は、このキャロットケーキにクリームチーズで作ったアイシングをたっぷり乗っけて食べます。

私たち日本人はこれだけで十分甘いし美味しい!

でも、たまにクリームチーズアイシング付きも美味しいので今度子供らに作ってあげよう!

今日は家にマフィン用のペーパーカップがなかったので使えませんでしたけど、もしこのキャロットケーキをマフィン型で焼くのなら一緒にマフィン用のペーパーカップを使うのが賢いかと思います。

もしペーパーカップを使っていたら、洗い物が楽!ってか、なし!

マフィンが焼き上がったら、端っこの紙をつまんでケーキラックに冷まして終わり!

今回やっようにマフィンの生地を直で型に流して焼くと、洗いが面倒!

シリコンって言っても、軽ーく生地が型にのこることもあるので、洗いが面倒、、、、

だからマフィンを焼き時はペーパーカップをつかってください!

今は色々なサイズとカラーがあってウキウキしちゃう!

是非このニュージーランドの味を試してね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です